スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

。.**ヴァナ恋**.。/cheer

2005年12月03日 17:12

ヴァナ恋といったらアキさんのブログ「ヴァナで恋する~驚きの結末~」ですが、そちらでこんな同盟が発足しましたよ。
■ヴァナ恋応援同盟■
ヴァナで恋するヤツらを応援してるよ
密かに応援しておりました。これからも楽しみなんですがもうすぐ・・・なんですかね(´Д⊂

苦手な方もいるかもしれませんので以下少したたみます。
ヴァナ恋(ネットゲーム恋愛の話題に許容できる方だけ、理解しろとはいいませんが)だけごらんください。



ネットゲームはドリキャスのPSOからなのですが、その頃からネットゲーム恋愛というのは以外にも身近にありました。
ゲームでの出会いが縁で、結婚にまで発展したプレイヤーもおり、公式で祝福したりしていたのですから、拒絶的なものはありませんでした。
ですけど、自分が・・・となるとまったく当てはまらなかったし理解できるような物でもなかったとおもいます。

でもFFXIだけは違ってました。このゲームの中で私は恋はした、といえます。
詳しくは書きませんが、ゲーム内で恋とか!!て一番に思いましたとも。
実際私はキャラ萌えするタイプなのでモエーっていってるだけでも恋といえば恋なのか?と色々悩みました。
定義ってないんですよね。好きって気持ちがあれば「恋」という言葉でくくっていいとおもうんです。大きな意味で。
実際に当時は、ばかだなーとおもいつつも一人の人(ゲーム内の人だけど実在するひとな訳で)の事ばっかり考えてて、そんな自分を否定していました。
でも、恋って楽しいじゃないですか。片思いでも楽しいんです。
その人と一緒にいられるだけで幸せだし、些細な事で落ち込む事もあるけれど、逆に些細な事で世界が輝いてみえるんです。
この時の私は頭がおかしくなっちゃったのかなーとか、世間一般でいう自分の中の常識が受け入れられなくって悩んでいたんですけど、同じく友人に真剣に恋しているひとがいました。
1人は同じくリアルとゲームを結び付けるのは無理がある、という人と、なんの問題もなく、中身が好きだ!と胸はって言える人でした。
そんな人達と相談しあったり、一緒に悩んだり怒ったり笑ったり。こんな日常が私にもありました。
色々あって現在ではゲームの中で恋はしていませんが。

そんなこんなで私はヴァナ恋を応援しているんですよ!wってことです。
今恋しているひと気になる人がいるひと。
心から応援しております。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。