スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お薬

2009年07月30日 08:55

頚椎ヘルニアになってから早くも3ヶ月が経過しました。
最初の一ヶ月は本当人生ではじめての苦痛ていうレベルな苦痛だったと
改めて思うよ。人生ってすげーな。まだまだ底があるぜ!!

まあ一番勉強になったのは緊急以外大きな病院とか
いっちゃなんねーってとこです。
夜間の救急とかね。こりゃだめだって時にいってもまあ正しい診断
されなかったんですけど☆ミ

だってヘルニアだって診断してくれた大病院はなかったんだもん。
今の主治医は家から5分というとこなんですが
MRIみせて5分でヘルニアって診断されましたけど。
で、ヘルニアに向けた治療したら一ヶ月で見違えるほど楽になれたのね。
今でも薬飲んでいるし痛みがない訳じゃないけれど
やっぱり病は気からってのは的を得ている言葉だなあって思います。

医者になんともない健康体だよっていわれるのは嬉しいけど
体の反応と結果が同じじゃなきゃチグハグなんですよね。
患者は痛みの原因が知りたい。ただそれだけ。
そしてどうにかなるっていう安心も欲しいのよ。
例え嘘が少しまじっててもいいよ。

だって楽になれた今の自分が真実だから。


先週風邪?っぽいのを引いて、でもOPPだけが治らないので
リハビリついでに診察してもらったら
胃腸音がへんだよw風邪じゃねーよっていわれて
あれええええ!?て感じでした。胃腸薬きかないわけだ。
あといつも飲んでた薬に風邪薬と同じ成分がいくつか入ってたので
風邪薬とか買わなくていいからあまったら常備しておきなさいとか!うひ!
(比較的弱めの薬だしてもらってるので

いくつか改めて薬の説明を先生から直接してもらって
念のための抗生物質とかちょと足した感じにしてもらえました。

いつもとても落ち着いた口調で丁寧に話して下さる先生で、
まず痛みからくる精神的な問題も考慮してくださったり。

なんだかはじめてほっとできるお医者さんに会えたなーっておもいました。

木曜に唯一やっている病院の先生もおもしろいらしいので
(うちの相方が受診したけど痰の色の話になたら見せてくれ!と食いついてきて帰り際にプラケースを押し付けられたという変な先生w
意外とよい街に引っ越してこれた気がしないまでもない(*´Д`*)

まあとにかく大病院はだめだ!
入院必須とかじゃないかぎり!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。